「交通事故弁護士カタログ」で自分に合った弁護士を探してみよう

車10

交通事故にあったとき、お互いが納得して決着がつけばよいのですが、仕方なく示談になった場合や被害者が相手側にそれなりの対応をしてもらえない場合など、納得のいかない結果になって、弁護士に相談してみたいと思った経験を持つ人もいることでしょう。

しかし実際に相談をするとなった時に、弁護士選びは難しいですよね。そんな時に頼れるサイトがあるのですが、それはどのようなサイトなのでしょうか。

弁護士に依頼するメリット

交通事故にあったとき、自分で交渉をすると示談になってしまう場合が多いのです。警察や保険会社は必ずしも被害者に味方をしてくれるわけではなく、保険会社が割り出す保険金額が少ないと感じたり、まだ痛みが残っているのに保険金の支払いを打ち切られたりすることがあります。

そのような納得のいかない状況になった時、保険会社の担当者に交渉を試みても相手は専門知識を豊富に持っているので、交渉することは困難です。そんな時に弁護士に相談をすることによっていくつかのメリットがあるのです。

まずは弁護士に一任してしまうことで、自分で保険会社の担当者と交渉することでかかるストレスを軽減することができるということです。適切な補償を受けられるように交渉を代行してもらえるので、精神的に安心してお任せすることができます。

また痛みが続いているのに保険金の支払いが打ち切られた場合でも、弁護士の専門知識をもって保険会社に交渉をしてもらうことで、支払いを継続してもらうことができるので、身体的な面でも安心感が得られるというメリットがあります。

さらに金銭面で安心できるというメリットがあります。保険会社は賠償金は自社の利益を守るためにも最低限の金額を提示してくるのですが、弁護士は裁判をすることによって弁護士基準を用いて金額を提示できるので、保険金の増額が期待できます。

弁護士に依頼するデメリット

交通事故に置いて納得のいかない賠償金等の相談を弁護士にし、保険会社との交渉を代行してもらうことで、心身の負担が減り、保険金の増額を期待することができるというメリットがある一方、どの弁護士に相談をすればよいのか選ぶための時間が必要なことや、弁護士に依頼をすると高額な費用が掛かるという不安があります。

弁護士に一任をして賠償金を増額してもらったとしてもそれ以上の弁護士費用が掛かるかもしれません。また相談をしたところが取り合ってもらえないという可能性もあるという不安が、弁護士に相談をすることをためらってしまうデメリットとなります。

「交通事故弁護士カタログ」というサイトについて

弁護士の選定や弁護債費用への不安、また依頼を取り合ってもらわないのではないかという不安に対して、頼りになるサイトが「交通事故弁護士カタログ」です。交通事故弁護士カタログはレインメーカー株式会社という会社が運営するサイトで、北海道から沖縄までの全国104の事務所の中から、住んでいる地域と相談内容によって、自分に合った弁護士を探すことができます。

またサイトには通院期間などを入力するだけで簡単に慰謝料の相場がわかる計算機のサービスがあるので、弁護士に相談する前に相場を知って、自分はもっともらえるはずと確信をしてから弁護士を探すことができます。交通事故弁護士カタログでは、各都道府県で交通事故に強い法律事務所を紹介しています。

またその法律事務所の場所や連絡先、費用、無料相談の有無などの詳しい情報についてもまとめられているので、すぐに知ることができます。交通事故に巻き込まれると気持ちが動転してしまって冷静な判断ができない場合が多々あります。

交通事故にあった人の様々な不安を解消し、自分に合った弁護士を探すことができるように開設されたサイトです。交通事故弁護士カタログのサイトでは、交通事故に直後からの事故対応の流れや事故にあったときは何科の病院に行けばよいのか、後遺症の申請方法、保険会社への対応、弁護士に相談をするタイミング、弁護士に相談するとどれくらい賠償金が増額されるかなど、交通事故時の正しい対応や弁護士活用などについて詳しく書かれたコラムもたくさん掲載しています。

またそのコラムには経験者の不安や疑問などが書かれたツイートなども挿入されているので、「自分とよく似た事例」「こんな事例でも弁護士に相談できるんだ」などと共感したり安心したりすることができます。

加害者も相談できる

車14

交通事故弁護士カタログでは、加害者の方への対応もあります。交通事故はいつだれが起こしてしまうかわかりません。また被害者になることも加害者になることもあり得るのです。被害者なら慰謝料や保険金の支払額等に納得がいかない時に弁護士に相談すると良いのですが、加害者も弁護士に相談すると良いという場合があるのです。

人身事故など大きな事故を起こしてしまった場合、加害者が自力で対応することによって、免許停止や取り消しなど行政上の罰則、罰金刑や懲役など刑事上の罰則、多額な損害賠償の請求など民事上の罰則において大きな不利益を生むことがあります。

任意保険に入っておいて安心できるのは損害賠償の支払いの場合だけで、行政上、刑事上の罰則については自分で対応することができません。罰金だけで済まないような事故の加害者になってしまうと前科がついてしまい社会的にも立場が悪くなります。

また車の運転を仕事としている人にとって、免許取り消しなどの処分を受けることは、職を失うことにもつながります。そのようなときに弁護士に相談をすることで、被害者のけがや過失の度合いによってはそれらの処分が軽減する可能性もあるのです。

様々な情報を知ることができるサイト

交通事故で一番恐ろしいのは、被害者が亡くなってしまうことです。一瞬にして家族を亡くしてしまった遺族の悲しみは計り知れません。慰謝料をもらって悲しみが消えるわけではありませんが、それでも加害者としては遺族が納得いくような形で慰謝料を支払い、誠意を示す必要があります。

しかし加害者としては気が動転していてどのような対応を取ればよいのかわからずパニックになってしまうこともあるでしょう。そんな時にも交通事故弁護士カタログではスタッフが24時間常駐していて電話相談をすることもできます。

他にも物損事故や労災事故、過失割合についてなど交通事故にかかわる事項について、コラムが用意されているので、サイトを見るだけでも知識を得ることができます。交通事故弁護士サイトは最適な弁護士を探すだけでなく、様々な疑問について教えてもらうことができるサイトです。