しっかりと用意したい必要書類!交通事故に対する弁護士の材料

交通事故14

不運にも交通事故に遭ってしまった場合には、その後の処理をしっかりとすることが重要です。警察への通報を怠らずにすることはもとより、交通事故証明書などの発行などをしておくことも忘れてはいけません。また、交通事故処理をするにあたっては、自らの中途半端な知識で臨むことは避け、法律の専門家である弁護士に指示を仰ぐことも必要です。

詳細について見てみましょう。

交通事故の処理に強い弁護士!任せて安心できるかどうか

交通事故24

交通事故といえば、日本が車社会であることを考えれば、誰にでも遭遇する恐れがあるといえるのではないでしょうか。いざという時のためにも、しっかりとした知識や教養を持っていることが重要です。交通事故に遭遇してしまった場合には、その対処方法が何よりも難しいといえるかもしれません。

加害者と被害者で話し合うことも決して悪くはありませんが、お互いに感情的になってしまうという懸念を払拭することが難しいといえます。そんな事態を打開するためにも、法律の専門家である弁護士に相談するのが得策です。

弁護士であれば、さまざまな知識や経験などをもとに、しっかりとした対処をしてくれることになるでしょう。「でも、どのような弁護士に相談した方が良いのか」と迷う人も多いかもしれません。特に交通事故に遭遇してしまった際には、気が動転していることもあり、冷静な判断をできないことも考えられます。

そのような時のためにも、日頃から信頼できる弁護士についての情報を持っておきたいものです。ネット上には、それぞれの弁護士に関する評判や口コミも掲載されていますので、こまめにチェックしておいた方が無難です。

間違っても「自宅に近いから」や「昔から付き合いがある」などの安易な理由だけで依頼することは避けなければいけません。あくまでも交通事故という事案に強い弁護士を選択することに注力するべきです。

極めて重要!交通事故証明書

交通事故を発生してしまった際には、まず警察に通報しなければいけません。いくら急いでいたとしても、警察への通報を怠れば、後々の処理についてもさまざまな支障をきたすことになってしまいます。そのため、「面倒くさい」や「億劫だ」という思いがあったとしても、最低限の届出や処理は済ませておいた方が無難です。

交通事故証明書は、交通事故を起こしてしまった場合に、発行される証明書です。自動車安全運転センターで発行される交通事故証明書については、交通事故の処理をしていく際に、極めて重要な役割を果たすことになるため、必要書類として所持しておくことが求められます。

交通事故証明書が発行される時には、交通事故が物損事故なのかそれとも人身事故なのかという点について、しっかりと確認しておかなければいけません。万一、ケガ人や死傷者が出ているにもかかわらず、物損事故としての内容のみとなっていれば、直ちに修正してもらわなくてはいけないでしょう。

基本的には、交通事故の処理を担当することになる弁護士や保険会社の担当者などは、交通事故証明書の内容を参考にして手続きを進めることになります。

交通事故の現場に居合わせていないため、交通事故証明書などの書類の内容を基に示談金や賠償金、慰謝料などを算定することになるのです。

後遺障害診断書や死体検案書も

物損事故を起こしてしまった場合には、交通事故証明書の他にも、修理の見積書や事故車両の写真などが求められます。もし、自らが物損事故を発生させてしまった際には、これらの必要書類を準備しなければいけません。必要書類が用意できない場合には、保険適用などが受けられないケースも生じてしまうこともあるのではないでしょうか。

ケースによっては、数百万円以上にものぼる損失を被ることにもなりかねません。また、弁護士に事故後の相談を依頼する場合にも、書類がなければ、優位性を持って交渉を進めることが難しくなってしまうかもしれません。

そのため、「こんな書類くらいなくても問題ないだろう」などと安易に判断しないで弁護士などの専門家に相談する方が良いといえます。人身事故の場合には、物損事故よりもはるかに多くの必要書類があるといえるでしょう。

交通事故証明書はもとより、事故発生状況報告書や診療報酬明細書、給与明細書などと多岐にわたります。それだけ手間暇がかかることになりますが、これらをしっかりと用意することで、事故後に手にすることができる金額がアップします。

また、交通事故の被害者に後遺症が残ってしまった場合や死亡してしまった場合には、それぞれ、後遺障害診断書や死体検案書なども合わせて必要。

誰にとっても、決して歓迎することができない交通事故ですが、知識として理解しておくことは重要です。

信頼できるのは弁護士!

交通事故の示談交渉をする場合、加害者に代わって加害者が加入する保険会社の担当者が示談交渉の窓口となるケースは多くあります。当然ながら、加害者側に有利な条件を提示してくる場合が多くあることはいうまでもないでしょう。

担当者にとってみれば、被害者の立場や将来などについては、関係ないといっても良いかもしれません。あくまでも、加害者の賠償額や示談金を抑制するために必死になってきます。このような保険会社の担当者は、交渉テクニックに長けていることも多く、被害者が上手くまるめ込まれてしまうケースも少なくありません。

そのような状況を回避するためにも、交通事故に強い弁護士の力を借りることが重要といえるのではないでしょうか。弁護士は必要となる書類や写真などの状況証拠を基に、相手側の担当者と互角に交渉できるだけの力を持ち合わせています。

躊躇することなく弁護士に相談を

保険会社の担当者による賠償額の提示が低くて納得できないというなら、迷うことなく、弁護士に相談した方が良いといえるのではないでしょうか。先述した通り、加害者側の保険会社の担当者は、被害者の足元を見て交渉に臨んできます。

そのため、最初の提示額では、自賠責基準と変わらないケースがほとんどです。被害者にとってみれば、到底納得できるような水準ではないといえるでしょう。そこで被害者が異議を唱えなければ、残念ながら示談が成立してしまいます。

仮に、事故後直ぐには痛みや違和感がないとしても、後から後遺症が発症するというケースもありますので、安易に妥協することなく着実な交通事故処理をしておいた方が良いといえます。そのためにも弁護士に依頼するのがおすすめです。